仲間

ねえ、私は強くなんてないけど、あなたが、みんなが、私を支えてくれるから、あの場所では、私は私でいられるの。


あなたが私を頼ってくれる限り、多分私は、無限に強くあることができるでしょう。
あなたの前では、いつもヒーローでいたいから。


あなたに弱音を吐けるから、私はずっと弱くなれる。
容易く力を抜くことができるのはきっと、最初から互いに気取らず飾らず自然体だったから。
友情ではない、勿論愛情などでもない、不思議な何かで繋がっている。


大事な大事な、口に出しては言わないけれど、仲間。
[PR]
by kyoku0707 | 2007-03-11 23:39 | 日記


<< リスタート もう >>