読書欲が止まらない…

とある方に触発されて、読書備忘録を作ることにしました。

それはまた別のブログにする気ではあるけれど、今は時間もないのでメモだけ。


11.20からカウント、ムックなんかも入れてます。

「演劇入門」
「ミュージカル完全ガイド」
「国際協力をめざす人に」
「アメリカの国家犯罪全書」
「マイノリティ・リポート」
「陽気なギャングが世界を回す」
「ヒートアイランド」
「ゲルマニウムの夜」
「檸檬」


…テスト前なのに何やってんだ私。
ていうか今日もテストが午前で終わったのをいいことに図書館に入り浸り二カ所で計8冊も借りたし。
うち2冊は読んだし。
昔読んだ本も引っ張り出す有様だし…(もう何ともしがたい…)

フィリップ・K・ディックにどっぷり浸かってます。
示唆に富んでて、でも決して高圧的なわけでも難解なわけでもない。
星新一と重なる部分がちょっとだけあるような…同じSFでも大分違いますけど。笑。
笑い、ユーモア(あれはウィットではないよな…)の奥底に鋭い批判を紛れ込ませているのが星新一だとしたら、ディックは非現実に対する私たちの想像の奥に隠している感じ。
前はピンと来なかったことから得るものがあるのは成長の証だと思っていたいものです。笑。

しかしその気はなしに速読を身につけると便利でいいです。
小さい頃から読んでいると自然とそうならざるを得なかったんですが、今では400P前後の文庫なら1時間ちょっとなので時間が省けて良い。

つらつら書きすぎですね。
この後更に梶井基次郎を語っていたのですが止めました。

また今度、読書欲が再燃した時にでも。
[PR]
by kyoku0707 | 2006-11-25 00:03 | 日記


<< 近況 呟き >>